横須賀鎮守府視察

さて、前回の記事と時系列が前後してしまいますが…。ドルショとドルパの翌日に艦これ提督仲間達と、横須賀に行ってきました。自衛隊の艦艇と戦艦三笠を見るのが目的です。今回はドールは同伴していません。

まずは各地から電車で池袋に集合しておいて、車にピックアップしてもらいました。天気がかなり怪しいですが、一路横須賀へ。
三笠公園に入っていくと、早速戦艦三笠が出迎えてくれます。日露戦争で活躍し、連合艦隊の旗艦も務めた船です。ロシアのバルチック艦隊を破った日本海海戦で、東郷平八郎が座乗して指揮をとりました。
昔の船とはいえそこは戦艦。威風堂々といった感じです。

P5065400.jpg




公園の一角に記念碑がありました。こちらは太平洋戦争で活躍した戦艦のものです。
こちらが長門型戦艦、長門の碑。

P5065389.jpg





こちらは扶桑型戦艦、山城の碑です。

P5065388.jpg




では三笠の内部へ。
近代の軍艦に比べると、屋根のある箇所がかなり少ない印象です。

P5065407.jpg



舳先から艦橋へ向かって真正面からのショット。迫力の主砲は30.5センチ連装砲です。ちょうど人が立っているので大きさがわかりやすいですね。残念ながらこの主砲は本物を撤去した後に復元されたものです。

P5065417.jpg





こちらは本物っぽい?7.6センチ補助砲。実際に触れることができます。

P5065409.jpg





今回唯一のドール写真です(笑)
こちらは15.2センチ副砲の射撃風景の再現です。人力が主の時代ですから、人数の多さに驚きます。

P5065425.jpg



艦橋の様子。いかにも船!っといった雰囲気です。

P5065420.jpg




その上の露天艦橋にあった伝声管。

P5065421.jpg




両サイドには探照灯が。日本海軍伝統の得意の夜戦で活躍したものと思われます。

P5065419.jpg




測距儀。これは実際に覗くとちゃんと見えます。

P5065423.jpg




無骨な戦闘艦艇でも、指揮官クラスの居室は豪華です。

P5065430.jpg





まるで一流ホテルのようです。

P5065429.jpg



食器棚もなかなか凝った造りです。しかし、奥には大砲があり、やはりここは戦艦の中なんだと実感しますね。

P5065431.jpg




なんと、あの東郷平八郎の遺髪が!なんかこう、歴史に触れた気がしました。
三笠内部はまだまだ様々な資料を展示していて、一通り見て回ると小一時間かかります。どれも太平洋戦争の敗戦国である我が国にはあまり残されていない、帝国海軍の貴重なものばかりで興味深かったです。昔自衛隊で潜水艦乗りだったというガイドの方のお話も聞けて、これで大人500円(確か…)は安いと思います。

P5065432.jpg





昔の船の次は現役の船です。ここは海上自衛隊の横須賀地方隊に加え、アメリカ海軍の第七艦隊他、戦闘部隊の母港でもあります。
三笠公園の対岸や少し奥からたくさんの艦艇が見えて、一同のテンションがさらに上がります。
やはり駆逐艦以上の規模の艦艇は大きい!
しかし手持ちのレンズでは寄りきれず、またしても悔しい思いをする事に…。まあまあ使える写真を少しだけですが載せていきたいと思います。

116と書いてあるのが、『あきづき型』護衛艦『てるつ゛き』
107が『むらさめ型』護衛艦『いかづち』。

P5065396.jpg





そのすぐ後ろに、艦尾を向けている護衛艦がありましたが、艦種不明。ヘリ格納庫のようなものが見えるため、『くらま』型のどっちかでしょうか??詳しい方がいたら是非教えて下さい!

P5065397.jpg






さらに奥には174、イージス艦の『こんごう』型ミサイル護衛艦、『きりしま』が見えます。

P5065393.jpg






こちらはアメリカ海軍の『アーレイ.バーク』級ミサイル駆逐艦の二隻、62『フィッツジェラルド』、63『ステザム』です。
この奥に、空母『ジョージワシントン』が見え隠れしていましたが、さすがに簡単には見せてくれませんでした。

P5065392.jpg



締めに海軍カレーをと店を探しますが、どこも混んでいたためデパートのレストランの海軍カレーで妥協する事に…。
帰りは渋滞もなく無事に帰宅となりました。

まだたくさんの艦艇が見られたんですが、使える写真がないためこの辺で。いつか射程距離の長いレンズを手に入れたら再戦といきたいところですね。
尚、さかえ21は艦艇には詳しくないため、艦艇の番号と艦名が間違っている恐れがあるため、お気づきの方がいましたら教えて下さるとうれしいです。
移動中は艦これの話題ばかりの提督達でしたが、実物を目にすると圧倒されて見入っていました。あまり現役の艦艇に興味のなかったさかえ21も、少しずつ勉強していこうと思いましたね。
お近くにお住まいの方は散歩がてら行ってみて、震災や海外派遣で活躍する海上自衛隊の装備に触れてみるのもいいのではないでしょうか。
次は娘同伴で来れるといいかな?




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

でぃあずさんこんばんは。
たかが大佐のクセに視察と大物ぶってみました(笑)
僕も同じく艦これやる前は艦艇って大きすぎてピンとこなかったんですよね。でも個別に名前が与えられたり、艦歴がしっかり記録に残ってたりと、陸や空にはない魅力に気づきましたね。
艦これは細部にまでネタが仕込まれているので、史実のWiki片手は基本ですよね~

鎮守府視察オススメですよ。お近くの鎮守府へ是非とも行ってみて下さい!



> こんばんは~
>
> 横須賀鎮守府、満喫されてきたようで^^
> 艦これをやる前は軍艦はほとんど興味なかったのですが、艦これにはまりだしたら
> 史実の方も色々と興味を持ってwikiとかで頻繁に調べるようになりましたね~
>
> 戦艦三笠、流石に大きいですね!
> こんな軍艦を間近で見たら、流石に気分が高揚します?w
> ああ~、すっげ~甲板に上がってみたいですよぉヽ( ´ー`)ノ
> 艦橋は意外とすっきりでしょうか。
> 羅針盤をぐるぐる回してみた~い^^
>
> イージス艦も漢の血が騒ぎますね(`・ω・´)
> 亡国のイージスとか、ジパングとか面白かったですね~

Re: 海はロマン

パパさんこんばんは。むしろ連投歓迎です!
帆船とはまた渋いですね。兵器の発達は、あれくらいの時代で止めておくべきだったような気がします。
近代の兵器は凄すぎて可愛げがないですから…。特に最近のモノはまるでゲーム感覚ですから、何やら恐ろしい領域に踏み込んでますよね…



> 連投、すみませんヾ(_ _ )。
>
> 艦ですか、ロマンですね~。
> 私は、日本の艦船には詳しくないのですが、
> ナポレオン時代のイギリス海軍の艦船が好きで、
> 特にインディファティガブル号やレナウン号などの帆船にロマンを感じます~。

No title

こんばんは~

横須賀鎮守府、満喫されてきたようで^^
艦これをやる前は軍艦はほとんど興味なかったのですが、艦これにはまりだしたら
史実の方も色々と興味を持ってwikiとかで頻繁に調べるようになりましたね~

戦艦三笠、流石に大きいですね!
こんな軍艦を間近で見たら、流石に気分が高揚します?w
ああ~、すっげ~甲板に上がってみたいですよぉヽ( ´ー`)ノ
艦橋は意外とすっきりでしょうか。
羅針盤をぐるぐる回してみた~い^^

イージス艦も漢の血が騒ぎますね(`・ω・´)
亡国のイージスとか、ジパングとか面白かったですね~

海はロマン

連投、すみませんヾ(_ _ )。

艦ですか、ロマンですね~。
私は、日本の艦船には詳しくないのですが、
ナポレオン時代のイギリス海軍の艦船が好きで、
特にインディファティガブル号やレナウン号などの帆船にロマンを感じます~。
プロフィール

さかえ21

Author:さかえ21
空冷星型複列十四気筒 一段二速過給器付き。
高高度は極端に苦手。
身の丈に合っているって大事ですよね?
中間冷却器?水メタ?なにそれ美味しいの?

リンクフリーですが、一言頂けると嬉しいです!

最新記事
マリアナの七面鳥撃ちカウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR