栄二一型発動機

さて、今回は僕の『さかえ21』という名前の元ネタについてです。
さかえ21とは、漢字で書くと『栄 二一』となります。太平洋戦争の全期間を通じて活躍した、旧日本海軍の零戦、いわゆるゼロ戦に搭載されていた航空機用エンジンの事です。零戦以外にも陸海両軍で使われた傑作エンジンです。
漢字ではなんだか固い感じがするので、平仮名とアラビア数字にしたという訳です。
そこに発動機(エンジン)→発動記と文字ってブログ名にしました。
なぜ栄二一型を元ネタにしたかと言えば、『兵器は数と信頼性』というさかえ21の信条に合致するからです。終戦間際まで数も揃える事ができて、稼働率もある程度高い水準を維持できていた点は、より高性能な新型発動機とは対照的です。
まあ、あまりマニアックな考察をしても場違いなので、さらっといこうと思います。


では娘達と各型を簡単に見ていきましょう。
娘達は栄二一型発動機を搭載した零戦を手に、何やら議論をしているようです。
ちなみに、戦争前半に無敵伝説を築いたのは、栄一二型発動機を搭載した零戦二一型なので、今回は登場しません。

P4205227.jpg





最も早く栄二一型を搭載したのは、零戦三二型です。上記の零戦二一型の速度性能と飛行性能を向上させるべく改良されました。

P4205235.jpg





次は零戦二二型。上記の三二型で不足してしまった航続距離を伸ばすために急造された型です。

P4205236.jpg




続いて零戦二二型・甲。上記の二二型を、改良型の20㍉機関砲に換装した武装強化型です。さかえ21は、零戦各型の中でこの型が一番好きです。

P4205238.jpg





最後が零戦五二型。全生産型の中で最も多く生産されました。二二型と同じく、武装や装甲を強した甲、乙、丙が存在します。

P4205237.jpg





零戦は大幅な形状変更はされなかったので、ぱっと見どれも同じく見えがちですが、細部はけっこう違います。
まずは大きく分けて、全幅が12mの型と11mの型があります。早速測ってみます。

P4205232.jpg




並べてみました。左列が12m翼の二二、二二甲、右列が11m翼の三二、五二です。

P4205233.jpg




次に武装。クラエスが指差しているあたりに、20㍉機関砲が方側一挺ずつ搭載されています。今回登場している機体では、三二型と二二型は銃身が短い一号銃なので、主翼の中に機関砲が収まっています。

P4205239.jpg




こちらは銃身が長くなった二号銃なので、主翼から少し銃身が出ているのでわかりやすいです。二二型甲、五二型がこのタイプです。

P4205240.jpg





機体や武装と同じく、同じ栄二一型でも違いがあります。アンジェリカが指差しているのはエンジンカウルの後端です(黒い部分の後端です)。三二型、二二型、二二型甲はカウル周りはスッキリしています。

P4205246.jpg




対して五二型は何やら生えています。推力単排気管というモノが何本も出ているのが外見の特徴です。

P4205245.jpg




零戦の中で唯一角ばった翼端をもつのが、三二型です。あまり評価の良くない型ですが、さかえ21はけっこう好きです。

P4205247.jpg




といった具合に、調べてみると戦況に合わせて様々な改良がされていて、興味深いですよ。
どの型が零戦最強か?!というのは、今も諸説あり、決着のつかない永遠のテーマであり、こちらも興味深いですね。
また、レーダーやミサイルがなかった時代の戦闘機なので、パイロットの腕次第というのもアツイですよね!
娘達の熱い議論は尽きません。

P4205264.jpg




最後に、ありあわせの物でジオラマ風にでっち上げてみました。
なんとなくラバウル航空隊をイメージしていますが、本当に適当なんで『最前線で舗装はしてないだろー』とかのツッコミは勘弁して下さい…。

P4205251.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

さかえ21

Author:さかえ21
空冷星型複列十四気筒 一段二速過給器付き。
高高度は極端に苦手。
身の丈に合っているって大事ですよね?
中間冷却器?水メタ?なにそれ美味しいの?

リンクフリーですが、一言頂けると嬉しいです!

最新記事
マリアナの七面鳥撃ちカウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR